コンテンツ

ホットインフォメーション


トピックス

秀香が歌うシャンソンの名曲たち…アルバム「HIDEKA」2011年6月22日(水)発売!
2011-06-08

「HIDEKA」 ジャケット写真

アルバム
HIDEKA
2011年6月22日(水)発売

秀香が歌う シャンソンの名曲たち

秀香が魅了され続けたシャンソンの名曲のカヴァーが中心となった "秀香色" 溢れる初アルバム「HIDEKA」。
世界中が涙した感動の詩を音源化したデビュー曲「最後だとわかっていたなら」のピアノVer.も収録の全12曲。

CD

TECE-25994/定価:¥2,381+税

秀香デビューシングル「最後だとわかっていたなら」好評発売中!
information

「最後だとわかっていたなら」 ジャケット写真

シングル
最後だとわかっていたなら
2009年6月24日(水)発売

世界中が涙した感動の詩 待望の音源化

あの2001年9月11日後に、世界中に配信されたひとつの詩がありました。
もし、明日が来ないとしたら、わたしは今日、どんなにあなたを愛しているか伝えたい。
元祖スーパーモデル "秀香" CDデビュー!!

「最後だとわかっていたなら」歌詞全文を見る

商品情報

  • TECA-12186/定価:¥1,143+税/マキシシングル
  • TESA-12186/定価:¥1,143+税/シングルカセット

収録楽曲

  1. 最後だとわかっていたなら
  2. 女友達

「最後だとわかっていたなら」について

2001年9月11日、あの同時多発テロのあと、チェーンメールとして広がった1遍の詩が話題となった。

原題「Tomorrow Never Comes」。英語で書かれた1遍の詩に多くの人が感銘を受け、その感動をまた誰かに伝えていく…そんな広がりは、日本にも及んだ。 佐川陸氏が同詩を翻訳し、自身のホームページで「最後だとわかっていたなら」のタイトルで紹介すると、数々のインターネットサイト、ブログに取り上げられ、SNS上ではファンサイトまでもが開設されるにいたった。

その反響の大きさは、この詩の背景となったとされる一つの噂に因るところも大きかったようだ。 いわく「この詩は、9.11テロの時、救出作業の途中で亡くなった消防士が、生前に書き残したもの」であるとか。

しかし、それは事実ではない。

詩の作者は、アメリカ人女性ノーマ・コーネット・マレック(Norma Cornett Marek)。 この詩は彼女が亡くなった我が子を偲んで書いたものであり、そこに託されたのは原作者自身の大きな喪失感、後悔、そして何よりも限りない愛である。

ただ、あの9.11の後世界中を襲った絶望感の中で、この詩が人々にどれだけ大きな感銘を与えたかは想像に難くない。 犠牲者を偲び平和を願う人々の中から、消防士にまつわる噂もチェーンメールと共に広まっていったのであろう。

愛する人にただその愛していることをちゃんと伝えておきたい…皮肉にも、あの歴史的な悲劇は、今自分自身がやるべき本当に大切なことを誰もが思いなおすきっかけとなった。 まるで暗闇の中で唱える祈りのように、この詩は人から人へと広まっていったのである。

2007年、日本版「最後だとわかっていたなら」が書籍として出版された。
作者ノーマは2004年にこの世を去ったが、その祈りは様々に形を変えながら引き継がれていく。
誰にも大切な人がいる限り、また癒えない傷を抱えている限り、この詩が運ぶ感動の輪は広がり続けるだろう。

書籍「最後だとわかっていたなら」サンクチュアリ出版より好評発売中!
information

書籍「最後だとわかっていたなら」

書籍
最後だとわかっていたなら

書籍「最後だとわかっていたなら」もサンクチュアリ出版より好評発売中!

~9.11同時テロの後、アメリカで朗読され、世界中が涙した感動の詩~
子供を、恋人を、兄弟を、親を…、大切な人を想いながら、この詩を読んでください。

詳しくはサンクチュアリ出版ホームページで!